食事に招待した友人がベジタリアンと判明してバタバタ

夫の会社の友人が今度の休日我が家に遊びに来ることになりました。

 

仲が良い人なんだろうなと気楽に考えていたら、アメリカ人だということがわかり、夫と違って英語が得意でない私は緊張しています。仕事のために来日しているそうで、せっかくだから日本の家庭料理をふるまおうと夫と意気込んでいました。PR:ハイドロキノン化粧品

 

ハイドロキノン入りの化粧品

 

ところが、当日の献立を決めて準備をしていると、夫から新しい情報が…
なんとその人はベジタリアンだというのです。肉が思いっきり入った献立を考えていたし、美味しい日本の肉も当日手に入るように手配していたので、また慌てることになりました。
とりあえず肉抜きのメニューを考えることにしたのですが、私の身の回りには今までベジタリアンはいなかったので、ベジタリアン向けの料理がサラダ以外に思いつきません。PR:ハイドロキノン化粧品

 

そこでネットで調べてみると、ベジタリアンにも色々な人がいることがわかりました。肉を抜いた料理ならOKな人、肉由来の添加物もダメな人、魚介類もダメな人、卵もダメな人…と個人の考えにあわせて本当に定義が色々で、一体どんな料理なら大丈夫なんだろうかとさらに混乱してしまいました。日本ではあまりベジタリアン対応のお店やメニューを見たことがないし、ベジタリアンを公言している人にもあったことが無いので、一体普段どんなものを食べているのだろうと未知の世界です。魚がダメな人は魚から取った出汁もNGだそうで、そういう人は日本では何も食べられないのではないかと思います。
夫にそのベジタリアンの友人はどこまでなら食べられるのか確認してくれと頼んだのですが、「こちらが作るのだからそこまで気を遣うことはない」と面倒くさがって頼りになりません。PR:ハイドロキノン化粧品

 

しょうがないので肉抜きの焼きそば、高野豆腐の煮物、きんぴらごぼうを作ることにしました。キノコの旨味を活かした料理もいいかもしれません。肉抜きかツナ缶で肉の代用をしたお好み焼きも検討しましたが、直前の買い出しでこの食事会のために焼きそば麺を大量に買ってしまっていたので、焼きそばはそのまま残すことにしました。家族だけでは食べきれない量だからです。PR:ハイドロキノン化粧品

 

当日のメニューが決まれば、後は必要な買い出しと掃除をして当日を迎えるだけです。英会話も心配ですが、日本に来ている人ですし、英語のできる夫がいるから大丈夫だとリラックスして臨みたいです。子供もいるので子供の前であまり恥ずかしい英語の失敗はしないようにしたいです。
私が作れる限りのベジタリアン和風料理、楽しんでもらえるといいなと思います。PR:ハイドロキノン化粧品


ホーム RSS購読 サイトマップ